pdf

座波優子弁護士がScott W. Pink弁護士と共に執筆した記事「民主党案・共和党案を比較 米国包括的個人情報保護法制定の動向」がビジネス法務に掲載されました。

10月 30, 2020

座波優子弁護士がScott W. Pink弁護士と共に執筆した記事「民主党案・共和党案を比較 米国包括的個人情報保護法制定の動向」がビジネス法務(2020年10月号)に掲載されました。米国は連邦レベルでの包括的個人情報保護法を有しない数少ない国の一つですが、欧州におけるGDPRや米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の制定を受け、近年連邦レベルでの包括的個人情報保護法制定に向けた議論が活発化しています。本記事では、2019年末から2020年前半に民主党及び共和党から提出又は公表された法案の内容を比較しつつ、いよいよ現実味を帯びてきた米国包括的個人情報保護法制定の動向を紹介しています。