pdf

紛争解決(訴訟・仲裁など)

しばらく前まで、日本人は争いごとを好まない民族なので訴訟が少ないと言われてきました。しかし近年の過払金請求事件の爆発的増加に見られるように、民事訴訟事件はむしろ身近なものになっています。また歴史をひもといてみると、訴訟が少なかったのはむしろ近現代の一時期に特異な現象であり、日本人は争いが嫌いでも何でもないことが分かります。たとえばテレビドラマにもなりましたが、江戸時代には各地に公事師という弁護士の前身がいて、公事宿という法律事務所では依頼者に宿泊サービスも提供していました。また明治時代前期には民事訴訟が年間30万件以上起こされており、これは人口が3倍増した1980年代の件数とほぼ同じです。明治時代後期が舞台と思われる山本有三の名作「路傍の石」には、古文書を根拠に広大な土地の所有権を主張し、裁判で一発当てようとして家を顧みない父親が登場します。

戦後の日本は訴訟を不要なコストと考え、行政主導で効率的な経済成長を目指しました。行政とうまく手を組めるかどうかでビジネスの勝負が決まり、訴訟で黒白を決する必要もなく、また時間とコストのかかる訴訟は賢明な選択ではありませんでした。しかし低成長時代を迎えて、行政が分配できるパイが小さくなってきたところへ、行政の不祥事が続発し、護送船団で守られていたはずの大銀行が次々と沈没するに至って、行政のパワーは1990年代に一気に失墜します。代わってよりどころになるのは法律以外にはなく、21世紀になって、ビジネス上の重要な紛争が法廷に持ち込まれるようになり、大企業も臆することなく訴訟の場に登場するようになりました。訴訟をはじめとする紛争解決の巧拙が企業の収益を大きく左右し、訴訟対応が企業活動の一翼を担う時代になってきたのです。

こうした新しい時代に、当事務所ではクライアントに対して次のようなソリューションを提供します。

訴訟戦略の立案 

「訴訟戦略」には広い意味のものと狭い意味のものがあります。

狭い意味の訴訟戦略とは、まさに目の前にある訴訟をどう戦うかです。ただ漫然と訴訟を起こし、裁判官のリードでなんとなく和解で終わるのを期待する。よくあることですが、これでは裁判官に会社の運命を預けたようなもので、弁護士は訴訟書類の作成屋さんでしかありません。そうではなく、訴訟を選択すべきか仲裁を選択すべきか、はたまた仮処分や仮差押で一気に解決する事案か、場合によっては外国の訴訟手続を利用するか、証拠をどう収集するのか、どのタイミングで和解に持ち込むのが得策か、裁判官が飲み込みやすく当方に有利なストーリーを作るのにはどうするかなど、考えるべきことは沢山あります。当事務所ではクライアントとともに、こうした訴訟戦略を立てていきます。

これに対し、広い意味の訴訟戦略は、会社経営のツールとして、訴訟をどう利用していくかを考えることです。たとえば自社の特許権等の知的財産権を守るために侵害されてはじめて訴えるばかりでなく、積極的に侵害訴訟を起こし、和解の内容としてクロスライセンス(紛争の種になった特許をお互いに無償でライセンスし合う)を実現し、その分野で競合他社と安定して共存していけるようにする場合などがあります。また消費者から多数の訴訟を起こされるリスクを抱えている企業の場合(たとえば製造業における製造物責任や薬害、消費者金融業における過払金訴訟など)、多数の訴訟を処理すること自体のほかに、戦略に組み入れなければならない要素がいくつかあります。企業イメージが訴訟によって損なわれることを食い止めるためのリスク管理の視点も必要ですし、立法に働きかけるロビイングの必要性も検討しなければなりません。当事務所では、このように訴訟・仲裁などの紛争案件と企業の経営戦略との橋渡しをすることを得意としています。

最近の具体例 
  • 半導体関連の企業に関し、競合他社製品が市場の標準となるほど普及が進んでいる状況で、世界各国で独占禁止法違反を理由とした訴訟を起こしたり、各国の公正取引委員会に働きかけるなどしてきました。当事務所のほか、O'Melveny & Myers LLPの米国、欧州、そして中国のオフィスが協力して各国で訴訟活動を繰り広げ、2009年に和解で決着しました。
  • 日本の消費者金融業の複数社に対し、1社あたり年間数万件にのぼる過払金返還請求訴訟に対応する戦略について総合的なアドバイスを提供し、キーとなる事件について法廷活動を展開しています。

世界的なネットワークを活用 

世界各国で活動する企業にとって、国境をまたがる紛争が発生することも少なくありません。例えば日本企業と米国企業が合弁で中国に設立した会社と、EU企業の中国子会社との間に紛争が発生した場合、日本、米国、中国、EUのうちどこで紛争解決すればよいのでしょう。また訴訟を選ぶのがよいのか仲裁に持ち込むのがよいのか。こうした場面にも、O'Melveny & Myers LLPが米国(7都市)、中国(3都市)、EU(2都市)、シンガポール及びソウルに持つオフィスのネットワークを駆使して、難題に取り組みます。

最近の具体例
  • 米国フランチャイザーの日本子会社と、日本のフランチャイジー等との紛争に関し、香港における仲裁手続と日本における差止請求等を平行して行うことにより、より効果的かつ迅速な解決を図っています。
  • 米国金融会社の日本子会社がからむ不法行為訴訟に関し、日本での訴訟活動につき米国本社との連携を図るとともに、米国内での証拠収集や執行の可能性を探っています。

取引と訴訟のリンク

日本では近年になって、M&Aや不動産取引をはじめとする様々な商取引に詳細な契約書が作成されるようになってきました。しかし英米の契約法の影響を受けていまや日本でも急速に標準的な文言になってきた、表明及び保証条項、誓約条項、補償条項等については、ほとんど裁判例がなく、紛争になった場合にいったいどのような解釈がなされるのか明らかではありません。しかし同様の契約条項に長い歴史のある米国では、膨大な判例の蓄積があります。米国のオフィスが持つ経験や知識にダイレクトにアクセスできる当事務所は、商取引をめぐるそうした新しい法律問題の解釈をリードすることができます。

最近の具体例
  • 日本の上場会社同士の公開買付による買収に関し、買主側を代理して、売主に対して表明保証条項を根拠に補償請求を行いました。
  • 日本の上場株式につき、大株主を代理して、発行会社に対して、適時開示違反及び株主間契約違反を理由に損害賠償請求を行いました。

Case Study: AT&T and Time Warner

As lead trial counsel for both AT&T and Time Warner, O’Melveny defended the companies’ landmark US$85.4 billion merger against claims by the Department of Justice’s Antitrust Division that the transaction would harm competition and should be blocked. Read

Case Study: Chevron

In a suit brought in the Northern District of California on behalf of more than 40,000 401(k) plan participants, O'Melveny overcame many of the arguments typically asserted in fiduciary breach cases.

Read

Case Study: China Agritech

In a rare accomplishment in securities litigation, we successfully defended China Agritech, a Chinese fertilizer manufacturer, and certain of its officers and directors in three successive class actions, twice defeating motions for class certification and securing dismissal of the third case on statute of limitations grounds. Read

Case Study: Exportadora de Sal, S.A. de C.V.

O’Melveny secured a major victory on behalf of Mexican salt mining company, Exportadora de Sal, S.A. de C.V. (ESSA), in the Ninth Circuit Court of Appeals. Read

Fidelity Management Trust Company and Fidelity Management Research Co.

O’Melveny achieved a victory in the Eighth Circuit Court of Appeals on behalf of clients Fidelity Management Trust Company and Fidelity Management Research Co. in an ERISA class action brought by the participants in ABB’s employee retirement plans. Read

Giant Interactive

O’Melveny successfully defended Giant Interactive, one of China’s leading online game developers and operators, in a shareholder class action seeking to enjoin Giant’s proposed going-private transaction, which O’Melveny also successfully handled.   Read

Lennar

O’Melveny achieved a US$1 billion jury verdict for Lennar, a Fortune 500 homebuilder and land developer. Read

Madison Square Garden

In 2015, O’Melveny secured Madison Square Garden’s dismissal from a lawsuit brought against the venue and other defendants by the family of a boxer who sustained serious injuries during a heavyweight match. Read

Marriott

O’Melveny secured a major victory for Marriott when Judge Jane Boyle of the Northern District of Texas dismissed antitrust and consumer protection claims against Marriott, other hotel defendants, and a group of online travel company websites, including Expedia and Travelocity. Read

Molina Healthcare, Inc

O’Melveny secured dismissal of a False Claims Act (FCA) complaint alleging Medicare fraud against Molina. Read

MullinTBG

O’Melveny represented MullinTBG, a leading provider of executive benefit solutions and financing strategies, in addressing employee benefits issues in its sale to Prudential Financial, Inc. Read

Ready-Mixed Concrete Suppliers

An O’Melveny team secured a preliminary injunction barring the State of California from enforcing the recent expansion of its prevailing wage law against a client group of ready-mixed concrete suppliers and other similarly situated companies. Read

Suntech Power Holdings

O’Melveny represented Suntech Power Holdings in its insolvency proceedings in New York and the Cayman Islands. Read

United Airlines, Inc.

O’Melveny secured two major summary judgment wins for United Airlines, confirming that California labor and employment law does not apply to individuals who work primarily outside the state’s borders. Read

UnitedHealth Group

O’Melveny helped secure dismissal with prejudice of a California-wide class complaint against UnitedHealth arising out of the Medicare Supplement insurance program UnitedHealth offers to members of AARP. Read

US Airways/American Airlines

When DOJ sued to enjoin US Airways’ multibillion dollar merger with American Airlines in August 2013, US Airways hired Rich Parker and O’Melveny to act as lead trial counsel. Read

Walt Disney Company

O’Melveny successfully defended Disney against claims brought by Wind Dancer, which represents former writers and producers of the show “Home Improvement,” challenging Disney’s accounting of net profits from the show. The court granted Disney’s summary adjudication motion on the grounds that Wind Dancer’s claims were time-barred. Read

Warner Bros. Entertainment Inc.

O’Melveny helped Warner Bros. Entertainment Inc. and its subsidiary DC Comics resolve a long running dispute over copyrights to the Superman character. Read
    • Actavis
    • ACE
    • American Airlines Group
    • China Agritech
    • eBay Inc.
    • Fidelity Management Trust Company
    • Lennar Corp.
    • Marriott
    • Quiksilver, Inc.
    • Samsung
    • Suntech Power Holdings
    • TD Bank
    • United Airlines
    • Warner Bros.